再下請負でも見積条件に明示 法定福利費の内訳を見積書へ 社保加入のガイドラインで改正案 国交省

2016.07.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国土交通省は、「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」の改正案をまとめた。法定福利費を内訳明示した見積書の提出を、元請け・一次下請け間の場合と同様に再下請負(一次下請け・二次下請け間)の場合でも見積条件に明示することとした。法定福利費を内訳明示した見積書の扱いについて、建設業法に規定する見積りに該当することを明確にしている。元請け・一次下請け間では、同見積書の活用が一定程度進んでいるものの、再下請負については活用が遅れているとして、見積書の位置付けを重視した改正案となっている。パブリックコメントの内容を踏まえて速やかに改正する。秋以降、小規模事業者向けに同見積書の作成手順の「簡易版」を作成し、普及促進に力を入れるという。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月1日第2263号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ