偽装一人親方 不適正な企業排除へ 働き方の自己診断リスト活用も 国交省

2021.04.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

下請指導指針で改正案

 国土交通省の「建設業の一人親方問題に関する検討会」は、中間とりまとめ(案)を公表した。社会保険未加入など規制逃れを目的とした「偽装一人親方」化を防止するため、社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインを改訂し、明らかに実態が雇用形態であるにもかかわらず、一人親方として仕事をさせている企業を選定しないとの考え方を示した。事業者性を確立した「適正と考えられる一人親方」を具体的に記載し、不適正な企業の排除を推し進める。技能者に対して実態を確認するに当たっては、「働き方の自己診断チェックリスト」の活用を求めるという。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年4月15日第2376号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ