建設業 見積時に法定福利費明示 標準書式を一斉活用 国交省・社保未加入対策協議会

2013.10.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

元請・下請団体が申合せ

 国土交通省は9月26日、建設業の元請団体や専門工事業団体などで構成する「社会保険未加入対策推進協議会」を開き、保険加入の徹底に向けて、法定福利費を内訳として明示した標準見積書の一斉活用を開始する申し合わせを採択した。専門工事業49団体がすでに標準見積書を作成しており、申し合わせを受けて活用を始める。国交省は10月中旬以降、元請・下請企業にアンケート調査を実施し、一斉活用開始直後の実態を把握する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月7日第2939号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ