【スポット】産業保健の「学び直し」を 課題解決できる人材養成へ 社会人向け講座が好評/帝京大学大学院

2016.07.21 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 帝京大学大学院が開講している「産業保健高度専門職育成の大学院プログラム」では、企業内で働く産業医や看護師、保健師が産業保健知識の学び直しに励んでいる。講座は、年間159時間の講義を通じて産業保健知識を深め、産業保健体制の整備、健康増進、メンタルヘルスなど、産業現場の抱える課題を解決できる人材を育成するのが狙い。受講生は、講義や実地研究を通じて専門知識を深めていく。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年7月15日第2262号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ