人手不足背景に派遣活用が拡大 厚労省調査

2018.10.30 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 人手不足に対応するため、派遣労働者を活用する企業が増えていることが、厚生労働省の「平成29年派遣労働者実態調査」で明らかになった。

 派遣労働者が就業している事業所割合は12.7%で、前回調査(24年)比で1.9ポイント拡大した。

 派遣労働者を就業させる理由は、「欠員補充等必要な人員を迅速に確保できるため」が前回調査比8.5ポイント増の73.1%で最多。以下「一時的・季節的な業務量の変動に対処するため」35.8%、「軽作業、補助的業務等を行うため」24.5%などと続く。厚労省は、「人手不足の対応として、派遣労働者の重要性が高まった」とみている。

平成30年10月29日第3182号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ