ストレス検査8割強で実施 厚労省調査

2017.08.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ストレスチェックの実施義務がある事業場のうち、82.9%で検査を実施していることが、厚労省の調査で分かった。ストレスチェックの実施状況が公表されるのは、制度施行後初めて。

 ストレスチェックを受けた労働者の割合は78.0%だった。このうち、0.6%が医師による面接指導を受けている。ストレスチェックは、実施結果を所轄の労基署に報告する必要がある。同調査は、この報告を取りまとめたもの。

平成29年8月21日第3125号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ