9割の労組が「労使は安定」 厚労省調査

2021.07.06 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、「令和2年労使間の交渉等に関する実態調査」をまとめた。労使関係が「安定的」と認識している労働組合が9割となっている。

 労使関係の維持についての認識は、「安定的に維持されている」51.1%、「おおむね安定的に維持されている」38.8%で、「安定的」と認識している労働組合が合わせて89.9%に達した(平成30年前回調査91.3%)。一方、「やや不安定である」は2.4%、「不安定である」は1.2%と少ない。

令和3年7月12日第3312号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ