めだつ80時間超残業 運輸や製造の36協定 静岡労働局

2018.09.12 【労働新聞】

 静岡労働局(高森洋志局長)は、1カ月当たり80時間を超える時間外労働のある事業場の状況や、長時間労働が可能な36協定の届出件数を公表した。運輸交通業や製造業で長時間労働がめだつ。

 平成28年度に届出のあった36協定を基に実施した自主点検の結果、1023事業場で1カ月当たり80時間を超える時間外労働をさせていることが明らかになった。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年9月10日第3176号4面

あわせて読みたい

ページトップ