育・介法 法改正で相談件数が倍増に 静岡労働局

2017.07.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 静岡労働局(高森洋志局長)は、育児・介護休業法に関する相談、行政指導件数を公表した。

 平成28年度の育・介法に関する相談件数は2290件で、前年度と比べ1063件増加した。法改正の影響を受け、規定の整備などに関する相談が増えている。

 内訳をみると、半日単位で取得が可能になった子の看護休暇など「育児(休業以外)」が710件で最多、介護のための残業免除など「介護(休業以外)」が572件で続く。

 また、216事業所を訪問し、796件の行政指導を行った。具体的には、「育児休業制度」関連87件が最も多く、次いで「介護のための所定労働時間の短縮措置(選択的措置義務)」78件だった。

平成29年7月10日第3120号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ