全契約社員を正規化 65歳定年制も取りやめ ラッシュジャパン

2018.09.04 【労働新聞】

 化粧品ブランドLUSHの日本法人・㈱ラッシュジャパン(ロウィーナ・バード代表取締役)は人事制度を改定し、全社員の3割を占めていた契約社員を正社員化した。契約社員は主に店舗販売員や工場作業員として働いていた。転換後は希望に応じてフルタイム勤務で働く正社員、もしくは時給制で月90時間以上働く短時間勤務の正社員(時給正社員)として雇用する。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年9月3日第3175号3面

あわせて読みたい

ページトップ