建設業に労働時間規制 2024年4月から適用へ 働き方改革関連法案が成立

2018.07.30 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「働き方改革関連法案」が参議院本会議で可決、成立した。月45時間、年360時間を原則とする時間外労働の上限規制が2019年4月から施行される。これまで適用除外とされていた建設業については、5年の猶予期間を置いた2024年4月から同様の上限規制が適用される。具体的には、「工作物の建設等の事業」を指しており、今後速やかに省令で定めるとしている。同事業は、労働基準法の別表第一第三号に掲げるもので、「建設業に属する事業の本店、支店等」も該当するほか、建設業を主な事業としない製造業なども、大規模な機械・設備の据付工事などを行う場合は、同事業に含まれることがあるという。すでに業界団体では自主的な取組みを促し、段階的な改善目標の達成を求めている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年8月1日第2311号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ