荷主間協力促進へ周知 自動車運転者の実態調査も 時間外労働規制で 厚労省

2022.02.10 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、2024年度から自動車運転業務についても時間外労働の上限規制が適用されることから、2022年度から荷主間の協力による取組促進、改善基準告示などの周知活動を本格化させる。現在、労働政策審議会で議論が行われている告示の見直しに関連して、事業者、自動車運転者の両方を対象に、労働時間、業界の問題点などについて実態調査を行うという。また、ポータルサイトを新たに設置し、事業者、発注者などを対象にしたセミナーを開催する方針だ。特に脳・心臓疾患の労災支給決定件数が最も多い職種であり、荷主の協力が不可欠になることを踏まえ、労働時間短縮につながった好事例などの情報共有を進めていく。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年2月15日第2396号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。