ワースト1を脱却へ 商業などの労災防止徹底 池袋労基署

2018.07.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・池袋労働基準監督署(金田文人署長)は、東京労働局管内の労基署のなかでもとくに労働災害が多い現状を受け、「労災事故ワースト1・2汚名返上プロジェクト」を展開し始めた。

 平成30年の労災発生状況は、3~5月にかけ累積件数がワースト1に。中長期でも、20~22年と25年はワースト1、他の年もワースト2だった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年7月23日第3170号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ