技能実習計画の認定を取消し 技能実習法施行後で初 法務省 厚労省

2018.07.17 【労働新聞】

 法務省と厚生労働省は、昨年11月に施行された技能実習法に基づき、縫製業㈲エポック(愛媛県宇和島市)の技能実習計画の認定を取り消した。認定取消しは、同法施行後初めて。同社は今後5年間、実習計画の認定を受けられず、技能実習生を受け入れられなくなる。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年7月16日第3169号1面

あわせて読みたい

ページトップ