特定技能制度で大臣勉強会設置 法務省

2022.02.02 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 法務省は特定技能制度と技能実習制度のあり方について検討する「法務大臣勉強会」の設置を決めた。古川禎久法務大臣が1月14日の記者会見で明らかにした。両制度の見直し規定の時期を踏まえた対応で、古川大臣は「賛否があることは承知している。先入観にとらわれることなく、改めるべきは改めていくという姿勢で臨む」と強調している。

 特定技能は平成31年4月に新設した在留資格で、介護や建設などの人手不足が顕著な分野に限り、外国人労働者の受入れを緩和するもの。このうち特定技能2号については、古川大臣が昨年11月19日の会見で、対象分野を現在の12分野から増やす検討を進めていると述べていた。

令和4年1月31日第3338号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。