【特集2】バックホウ 危険は死角に潜む 旋回範囲へ立ち入るな 東京都水道局が実演研修

2015.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京都水道局は、水道管の埋設工事現場でバックホウによる労働災害などが後を絶たないことから、水道局職員と工事業者を対象とした講習を実施した。バックホウの死角に入った作業員に運転者が気づかず、旋回するカウンターウエイトやショベルに激突する災害が発生している。講習では、実際にバックホウを使用しながら、旋回範囲や運転席からの死角の範囲、誘導者配置の重要性などを示した。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月15日第2242号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ