【特集2】再発防止対策はこう立てる 災害発生原因の特定を!

2017.04.20 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ヒューマンエラーが労働災害にかかわっているのは当然で、それ以外の原因を突き止めなければ真の再発防止対策を樹立するのは困難と、町田安全衛生リサーチの村木宏吉代表は指摘する。再発防止対策は、教育や作業手順書といったソフト面、設備による対策のハード面の両面で検討していくことが重要という。今号特集Ⅱでは、災害の裏に隠れた原因の特定方法と再発防止対策の立て方について解説する。…

執筆:町田安全衛生リサーチ 代表 村木 宏吉

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月15日第2280号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ