【特集2】作業の「省略」は厳禁 研磨前にガス検知徹底を パーフェクト・シーマン育てる 浪速タンカー

2017.10.20 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ガソリンや灯油など燃料の海上輸送を行っている浪速タンカー㈱。同社ではPSP(パーフェクト・シーマン・プロジェクト)と名付け、甲板上や船内で乗組員がケガをしないよう教育を徹底している。特に重視しているのが作業の省略から発生する事故で、「これだけは守る」と安全確保のための12項目を厳選した。甲板上でのグラインダーがけの火花がガスに引火する事故が起こらないよう検知を必ず行い、両手に荷物を持ったままの階段昇降で転落しないよう三点支持を徹底させるなど、ポスターや動画を使いながら作業員に周知している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月15日第2292号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ