【トピックス】スレート屋根 安易に上るべからず! 劣化気づかず踏抜き頻発/香川労働局・水戸労基署

2014.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 スレート板で葺かれた屋根を踏み抜き墜落する労働災害が頻発している。香川労働局管内では今年3月から7月末までの5カ月間に死亡3人を含む4件の災害が発生したことから、管内の事業場に対策を要請。歩み板の設置など対策を講じるよう求めている。一方、茨城・水戸労基署管内では昨年8月から今年5月までの間に5件の死傷災害が発生。管内の事業場へ注意を呼び掛けるとともに、7月には工事会社2社を安衛法違反の容疑で水戸地検に書類送検した。災害頻発の背景には、スレートの劣化に気づかず安易な気持ちで屋根に上がってしまうという安全意識の欠如、さらに予算不足で安全対策が十分にとられていない実態が指摘されている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月15日第2218号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ