年間休日3日で過労死 「管理監督者」と主張 和菓子製造会社を送検 水戸労基署

2012.10.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 茨城・水戸労働基準監督署(関眞人署長)は、労働者に対し1年間に休日を3日しか与えなかった和菓子製造会社の㈱荻原製菓(茨城県笠間市)と同社取締役会長および取締役社長を労働基準法第35条(休日)違反の疑いで水戸地検に書類送検した。遺族から過労死の労災請求を受けたのを機に捜査に着手。同社は労働者が労働時間規制から除外される労基法上の「管理監督者」と主張したが、実際は労働時間に関する裁量や人事権はなかったとして否定した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年10月29日第2894号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ