【トピックス】法律面から支援を展開 資格制度の創設も 「産保法研」が設立

2013.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「一貫した支援を行う」と三柴理事

 メンタルヘルスを法律の面からをサポートしようと「(社)産業保健法務研究研修センター(花谷隆志代表理事)」が発足した。近年、対応の誤りから訴訟に至るケースが増えており、企業、労働者の双方が納得できるよう法務支援サービスを提供する。具体的には、民間資格講座「メンタルヘルス法務主任者資格制度」の設立、企業など組織向けの個別支援事業、メンタルヘルスの適正な法律に関する調査研究など行っていく。2月9日には住友不動産ベルサール(東京・新宿区)で設立記念セミナーが開催され、弁護士による「模擬法廷」などが実施された。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月1日第2181号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ