【トピックス】仕事上のストレス 「相談先ある」90%以上に 厚労省・13次防で目標 メンタルヘルス対策強化へ

2018.04.03 【安全スタッフ】

 厚生労働省は第13次労働災害防止計画で、仕事上の不安・悩み・ストレスについて、職場に相談先(事業場外資源を含む)がある労働者の割合を90%以上とする目標を掲げた。これまでもメンタルへルス対策に取り組む事業場割合を80%以上とする目標があったが、今回新たに相談先に関する目標値を追加した。初動での適切な対応が期待されている企業の相談窓口を重視していることがうかがえる。ストレスチェック結果を活用した事業場の割合を60%以上とするなど、職場環境改善についても積極的な取組みを促していく。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成30年4月1日 第2303号

あわせて読みたい

ページトップ