【トピックス】不安全行動の原因把握へ 不眠・うつの影響が――メンタル部会 安衛教育部会――問いかけで自覚促す 第54回全国建設業労働災害防止大会in札幌

2017.11.22 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設業労働災害防止協会は10月5、6日、第54回全国建設業労働災害防止大会を札幌市で開催した。建設業の工事が増えるなか、今年起こった現場管理者の過労自殺など現場のメンタルヘルス問題が一層注目を集めている。不安全行動の背景にも不眠やうつの影響が見られ、「作業員が悪かった」で終わらせず、真の原因を追求する必要があるとしている。教育部会では、作業員への問いかけで不安全行動への自覚を促す工夫や土木建築現場から安全見える化の取組みなどが紹介された。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月15日第2294号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ