【トピックス】「全員参加」が信条です 最終目標は安心して働ける職場 熊谷組社長――安全パトで全国行脚

2015.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 安全管理活動を行う場合、トップダウンという言葉がキーワードとなる。トップの考えや行動で安全への意識がグッと違ってくるが、実際には名ばかりのトップダウンも見受けられる。ところが、ゼネコン大手の㈱熊谷組は、文字どおりトップダウンを地で行く「社長パトロール」を実施、樋口靖社長は安全パトロールだけを目的に支店を全国行脚している。職種を問わず「全員参加」を信条とする樋口社長の最終目標は「安全で安心して働ける職場をめざす」ことだという。樋口社長のパトロールに密着・同行した。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年4月15日第2232号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ