歩数競い合い健康経営推進 2社対抗企画

2018.01.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 企業対抗型イベントで健康経営を推進――こんな取組みを、保育士・幼稚園教諭の転職支援サービスなどを行っている㈱ウェルクス(東京都台東区、三谷卓也代表取締役社長)と、位置情報を活用したサービスの提供などを行う㈱マピオン(東京都港区、中尾光宏代表取締役社長)の2社が実施した。

 イベントには両社とも110人程度が参加。2週間にわたり、歩数や、事前に設定した散歩コースを踏破したかなどによって勝敗を決めている。

 勝者はウェルクスで、期間中とそれ以前の1日当たりの平均歩数を比較すると、5442歩から8080歩へ大幅アップした。このほど開いた報告会の場で、その健闘が讃えられている=写真。「デスクワークの社員が多く、運動に関する社内行事がマンネリ化していた」と担当者。今後、規模の近い会社を巻き込み、同様のイベントを開催していきたい意向を示している。

平成30年1月22日第3145号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ