健康経営 規模拡大し看護職増員検討 大企業で動き広がる

2017.10.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

糖尿病予備群に指導強化

 大企業で健康経営への取組みが拡大している。バンドー化学㈱やセンコーグループホールディングス㈱はほぼ同時期に「宣言」を発表。バンドー化学は各自に健康ビジョンを策定させ、メタボリックシンドロームや喫煙など個人ごとに異なる課題の解決を狙う。糖尿病予備軍への指導も強め始めた。センコーグループHDでは、看護職の増員を検討中。相談対応を充実させ、メンタルヘルス不調者の未然防止をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月23日第3133号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ