【フォーカス】ピー・アール・エフ/3フィルターを設けた中途採用 取引先からの紹介が中心

2017.12.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

求人サイト使わない 最終判断は宴席の様子で

 総合保険代理店の㈱ピー・アール・エフ(東京都新宿区、浜中健児代表取締役社長、12人)は、1999年の創業時から一貫して採用は中途のみだ。営業職では、取引先の信頼できる人を「1次フィルター」とし、彼らからの紹介を軸に活動を進める。3回の面接で採否をほぼ決め、その後の懇親会の様子で最終判断を下す。事務職の場合は、社員による観察も加味。いずれのケースも求人サイトは使わない。定期的に親睦を深める社内行事の開催も手伝い、半数以上が10年以上勤務する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月18日第3141号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ