JAMの18春闘 高卒30歳26万円など要求 「方針大綱」で提示

2017.12.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

価値を認め合う社会へ

 300人未満の中小製造業の労働組合が大半を占める産業別労組JAM(安河内賢弘会長)は12月3・4の両日、18春闘に向けた中央討論集会を滋賀県で開き、「高卒30歳26万円」などの基準に基づく個別賃上げ要求を行う方針大綱を概ね了承、年明けの中央委員会で正式に決定する運びとなった。安河内会長は「中小企業が利益を確保できずに廃業して困るのは大企業。中小の底上げには経済的合理性がある」と呼び掛け、価値を認め合う社会の実現に向けた活動と賃上げのセットで取り組む方針。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年12月18日第3141号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ