健康づくり活動に報奨 運動の”やる気”を刺激 ヘルスケアポイント普及へ 厚労省

2014.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は経済産業省、総務省と連携し、健康増進に取り組む人を報奨する仕組みの普及へ乗り出した。報奨制度は、一部の健康保険組合などがすでに実施している。ウォーキングなどの健康づくりに取り組んだ人に健康グッズなどと交換可能なヘルスケアポイントや現金を付与することで、健康づくりに向けたやる気を刺激する。厚労省では参加率やポイントの活用方法を調べるための実証事業を開始しており、今後、全国の健保組合などへの普及を目指すという。また、経産省では健康づくりを進める企業をブランド化し、社会的な評価や優遇を受けることのできる仕組みを検討していく。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年8月15日第2216号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ