足場の特別教育で助成金 労働者に1日8000円も 事業主が行う場合は9割 厚労省

2015.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、「建設労働者確保育成助成金」制度の一部を改正した。7月1日から開始した足場の組立て・解体または変更の業務に係る特別教育について、新たに「技能実習コース(経費助成・賃金助成)」の助成対象に加えた。事業主が特別教育を行う場合は経費の9割、登録教習機関などへ委託する場合は経費の8割を助成する。さらに、労働者1人当たり1日8000円を賃金助成する。10月1日から開始する技能実習は、事前に「計画届」が必要となることから、7~9月開始分に関しては届出が不要だが、それ以降は原則開始1カ月前までに届出が必要となる。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年7月15日第2238号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ