学科教育を合計6時間に 業務従事者は半分に省略へ 足場関連の特別教育で通達 厚労省

2015.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、足場の組み立て、解体などに関する業務が「特別教育を必要とする業務」に新たに追加され、労働者に対する学科教育の内容が規定されたことを踏まえ、特別教育が省略できる場合などについて通達を出した。受講が義務付けられる学科教育は、足場などの作業に関する知識や、労働災害防止に関する知識などで合計6時間ある。例外として「足場の組立て等作業主任者技能講習を修了した者」「とびに係る1級又は2級の技能検定に合格した者」などは、学科教育の科目をすべて省略できるほか、7月1日時点で足場の組立てなどに従事している者は、6時間の内容を3時間に省略できる。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月1日第2233号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ