足場組立作業に特別教育 法令順守の不徹底目立つ 墜落災害防止で義務化案 厚労省

2014.01.15 【安全スタッフ】

 厚生労働省は、足場からの墜落防止措置の効果検証・評価検討会で、足場の組立作業に従事する労働者への法定の特別教育義務付けと作業主任者への能力向上教育を促進する案を示した。災害分析の結果、法令の順守不徹底や不安全行動を背景とする災害が目立っており、委員から「教育を充実させるべき」とする声が強く挙がっていた。一方、ハード面の対策では手すり先行工法の義務化を巡って業界間で意見の対立が続いており、厚労省では近く職長など1000人へアンケート調査を行う考えだ。調査結果も踏まえ、今年度内に報告書をまとめるとしている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成26年1月15日第2202号

あわせて読みたい

ページトップ