【賃金事例】ニチレイフーズ/役職層に4種の職群制運用

2017.11.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

総合職コースと相互転換も 地域限定3区分設ける

 ㈱ニチレイフーズ(東京都中央区、大櫛顕也社長)は、管理職層の役割を明確にし、キャリア・ゴールや働き方を多様化した新職群制度を運用している。管理監督者の範囲を上位3グレードに絞り込んだうえ、非組合員層の役職レベルに対して職務限定・地域限定の3職群を設けたもの。総合職コースに当たる基幹職群を含め、相互転換を可能としている。給与レンジが大きく重複していた基本給体系は、グレードごとに21号俸を上限とするシンプルな設計へ改めた。昇降給・昇降格に用いるコンピテンシー評価も再設計し、グレード間の関係を明らかにしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月6日第3135号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ