【今週の視点】「雇用多様化」に向け助走開始

2016.08.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

介護で時短勤務拡充 仕事と両立が当たり前に

 平成28年8月から、雇用保険・介護休業給付の支給率がアップした。制度利用者の拡大が予想されるが、実務面のインパクトからいえば、むしろ勤務時間短縮措置の拡大等が注目される。労働時間の限定という意味では、「多様な正社員制度」と通底する部分もある。これを契機に、介護以外の分野でも「多様な働き方」をサポートする機運の高まりを期待したい。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月15日第3077号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ