【今週の視点】イクメン推進の効用は?

2014.01.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

女性支援だけでなく 男性の介護負担増に備え

 昨年話題になったものの一つに「イクメン=育児を積極的に行う男性」がある。厚生労働省は初の試みとなる「イクメン企業アワード」を開催した。男性が躊躇せずに育休を取れる環境を整備することが女性の両立支援へのアシストにもつながるだけでなく、男性が介護を担う将来への備えとしてイクメン推進の意義が高まっているようだ。先進事例を参考に考察してみたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月27日第2954号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ