能力に応じた仕事を 短時間勤務者 キャリア形成へ提言 東大社研

2013.08.12 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京大学社会科学研究所のワーク・ライフ・バランス推進・研究プロジェクト(代表・佐藤博樹東大大学院情報学環教授)は、「短時間勤務制度利用者の円滑なキャリア形成に関する提言」を取りまとめた。育児のために同制度を利用しているときもキャリア形成につながるように、企業と管理職は、本人の職業能力に見合った仕事内容と分量を割り振ったり、時間当たりの成果で評価を行うなど、適切な目標設定や仕事配分、評価を心掛ける必要があるとした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月12日第2932号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ