キャリア支援で2社が“大賞”に WLB推進会議

2018.05.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 あいおいニッセイ同和損害保険㈱と西部ガス㈱が大賞に――日本生産性本部が設置するワークライフバランス推進会議(代表幹事=石塚邦夫㈱三越伊勢丹ホールディングス特別顧問)は、ワーク・ライフ・バランス(WLB)を実現している企業を表彰した=写真

 石塚代表幹事は挨拶のなかで大賞の2社について、削減した労働時間を活用してキャリア形成支援を行っている点を評価した。

 あいおいニッセイ同和損保は、他分野の業務を体験する「トレーニー制度」や具体的な挑戦テーマを持つ社員を支援する「ポストチャレンジ制度」を設けている。一方で西部ガスは、職群に応じて期待される職務行動の原理原則を学ぶ階層別研修などを行っている。

平成30年5月28日第3162号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ