大日本印刷など大賞2社を表彰 WLB推進会議

2017.01.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大日本印刷㈱と㈱お佛壇のやまきが大賞に――公益財団法人日本生産性本部が設置するワークライフバランス推進会議(代表幹事=石塚邦夫㈱三越伊勢丹ホールディングス代表取締役会長執行役員)は、労働者のワーク・ライフ・バランスを実現している企業を讃える「ワークライフバランス大賞」を発表し、表彰式を開催した(関連記事【追跡レポ】お佛壇のやまき/WLB対策)。

 パネルディスカッションも開催し、日本生産性本部ワークライフ部の河野真理子氏が選考のポイントを解説。①中長期的なキャリア形成支援を実施している、②労働生産性向上につながっている――など5つの観点で選んだとした。

 たとえば大日本印刷では、「次世代女性リーダー研修」などを開き、女性社員のキャリア形成支援に力を注いでいる。

平成28年12月26日第3094号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ