3割で人材不足実感 20人未満の小企業調査 政策金融公庫総研

2014.12.22 【労働新聞】

 従業員20人未満の小企業の3割が人材不足に陥っていることが、日本政策金融公庫総合研究所の「小企業の雇用に関する調査」結果で分かった。とくに、情報通信業と建設業では、5割程度の企業が人材不足を感じている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年12月22日第2998号2面

あわせて読みたい

ページトップ