【フォーカス】セプテーニグループ/女性活躍推進対策 経営課題の改善策立案させる

2017.10.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

俯瞰的な視野を醸成 自己効力感アップも狙い

 インターネット広告事業などを行うセプテーニグループ(東京都新宿区、1329人、佐藤光紀代表取締役)は、子育て中の社員が働きやすくなる制度などを充実させることで、女性社員が活躍できる環境の整備を続けている。女性管理職を増やすことが目的の動きも活発だ。「WIL塾」は、経営課題などの調査・分析を行わせたうえで、改善策を立案および実行させる取組みで、役員らが自らメンター役を務める。自己効力感を高めつつ、会社を俯瞰的にみられるよう導くことが狙いだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月9日第3131号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ