【フォーカス】トヨタカローラ埼玉/女性活躍推進対策 業界他社に先駆けPT結成

2017.11.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

アイデア集めて実施 時間単位年休なども整備

 トヨタカローラ埼玉㈱(埼玉県上尾市、茂木喜明代表取締役社長、716人)は、職場内で少数の女性社員がより活躍できるよう取組みを展開する。2008年に業界内の他社に先駆け、女性のみのプロジェクトチーム「Cハピネス」を結成。顧客サービス向上などについて、女性の意見やアイデアが認められやすい風土をつくってきた。1時間単位で取得できる年次有給休暇制度を導入したり、短時間勤務制度の対象を拡充するなどして、育児などと両立がしやすい環境の整備も図る。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月20日第3137号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ