【フォーカス】ブリヂストンスポーツ/女性活躍社員対策 中堅社員対象に研修実施

2017.06.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

管理職増をめざす 妊娠時など法定超す支援

 ㈱ブリヂストンの子会社・ブリヂストンスポーツ㈱(東京都港区、楳本富男代表取締役社長、連結1621人〈単体369人〉)は、女性管理職数を5年後に10人以上とすることをめざし、20歳代後半~40歳代半ばの中堅社員を対象に立場や役割を認識させる研修を実施している。管理職手前の層にマネジメントスキルに関する通信教育も受講させる。妊娠・育児と仕事の両立に向け、支援制度は法定以上のものに充実した。ノー残業デーを週3日に拡大し、残業時間削減にも力を注ぐ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月19日第3117号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ