介護施設 人手不足で不払残業多発 埼玉労働局

2014.09.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

固定額以上切り捨て 労基法違反7割超える

 人手不足の影響で長時間労働、賃金不払残業が多発していることが、埼玉労働局(阿部充局長)の介護施設に対する監督指導結果で分かった。労働時間、割増賃金を中心に労働基準関係法令違反が7割を超えている。割増賃金違反の多くは固定残業代を超える部分を支払っていなかったもので、違反率が前回調査の17%から35%へと大幅に増加した。労働時間違反の大半は36協定の超過によるものだった。介護労働者の確保が思うように進まず、業務量が増大していることが背景にある。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月8日第2984号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ