労働条件相違で監督 求人トラブル防止へ初 埼玉労働局

2014.10.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 埼玉労働局(阿部充局長)はこのほど、ハローワークの求人票と実際の労働条件が異なる事業主に対し、所轄の労働基準監督署が監督指導を行う取組みを新たにスタートさせた。全国に先駆けて指導強化に踏み切ったもので、労働条件関係のトラブルに歯止めをかける考えだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月6日第2987号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ