介護関係 4000事業場へ指導 新規業者に点検要請 埼玉労働局

2013.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

立入調査で6割が違反

 埼玉労働局(代田雅彦局長)は、介護労働者の労働条件悪化に歯止めをかけるため、このほど4000事業場に集団指導を実施するとともに、新規指定された200事業場に対して労務管理に関する自主点検を要請した。集団指導は、埼玉県、川越市と合同開催したもので、介護関係事業場の施設長や事務長などに利用者からキャンセルされた場合の休業補償や労働時間管理を適正に行うよう求めた。平成24年の監督指導結果では、労働基準関係法令違反が6割に上っている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月16日第2937号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ