働き方改革協定 銀行と連携し好事例を発信 埼玉労働局

2017.04.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 埼玉労働局(田畑一雄局長)は、㈱埼玉りそな銀行と働き方改革の推進に関する協定を締結した。田畑局長(写真右)は締結式で「県内企業の働き方改革促進には、地域で大きな影響力を持つ金融機関と緊密に連携することが不可欠」と話した。

 同協定には、雇用促進や生産性向上などで連携する方針を明記。中小企業の経営者を対象とするセミナーを年2回程度共催し、職場環境改善に向けた先進的な取組みを広く発信していく。

 併せて、同行の取引先ネットワークを活用し、非正規社員の正規化などに関する各種助成金を周知するとした。

平成29年4月10日第3108号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ