安衛管理計画作成を 労災再発防止へ建設業指導 東京労働局

2014.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(西岸正人局長)はこのほど、労働災害を発生させた建設現場の担当者や所長、専門工事業者の責任者などを対象に建設業労働災害防止講習会を開催した=写真

 建設業の労働災害増加を背景に、今年度は再発防止施策を強化。労働基準監督署ごとに再発防止講習会を実施していた従来の方式を改め、同労働局が関係者を集めて安全対策の徹底を直接呼びかけることとした。

 講習会では、災害のタイプごとに具体的な対策を示した。墜落・転落災害対策として、開口部をなくすことを最優先し、それが難しい場合は、手すりの設置、安全ネット・安全帯の使用を徹底するよう指導した。元請による適切な安全管理も要請。建設現場における安全衛生管理計画の作成などを求めている。

平成26年6月9日第2972号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ