大規模建設現場で災害多発 100社幹部を緊急招集 東京労働局

2014.10.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

10月に災防決起大会も

 東京労働局(西岸正人局長)はこのほど、大規模工事現場を中心に建設業の労働災害が大幅に増加していることから、主要建設会社約100社の経営首脳を集め、労働災害防止緊急対策会議を開いた。経営首脳が「安全最優先」の姿勢を明確に示した上で、現場の安全衛生管理を推進するよう求めている。10月には管内労働基準監督署による一斉臨検監督を展開するほか、大規模工事200現場の現場代理人や安全衛生担当者による災害防止決起大会を開催し、安全意識の向上を図る。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月6日第2987号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ