熱中症へマニュアル リスクアセスを強化 中災防

2015.05.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会は、熱中症予防対策のためのリスクアセスメントマニュアルを作成した。主に製造業向けに、暑熱環境の実態や具体的リスク対策を示している。

 マニュアルでは、複数の重要な要因に着目してリスクを見積もりし、全体の評価をしている。評価対象としたのは、暑熱環境のリスク、作業強度のリスク、衣服・装備のリスク、総合リスク評価など。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月18日第3017号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ