警備業 高齢者の作業条件配慮を 労災防止へ手引作成 中災防

2013.03.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

交通誘導時対策など示す

 中央労働災害防止協会は、警備業における労働災害の増加傾向に歯止めをかけるため、企業が取り組むべき安全衛生対策を示した手引「警備業における労働災害防止のためのガイドライン」をまとめた。高齢の警備員による災害が多いことから、年齢や健康状態に応じた適正な労働時間の設定のほか、高所作業や深夜作業に従事させないなど高年齢者への配慮を求めている。交通誘導警備においては、誘導対象車の死角に入らないなど、適切な誘導位置を選定するよう警備員に指導することとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月18日第2913号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ